西洋占星術

【風の時代】水瓶座ステリウム期間の象徴的出来事まとめ

1月21日に太陽が水瓶座入りしてからの水瓶座ステリウム期間は、風の時代を占う上でも重要な期間でした。

僕はいくつか「これはとても水瓶座らしい出来事だ」と感じたことがありましたので、記しておきたいと思います。

・政府に対する現金給付のTwitterデモ

・菅総理の「最後は生活保護がある」発言が炎上

・菅総理の息子のスキャンダル→炎上

・緊急事態宣言中に銀座に出かけた国会議員が炎上

・生活保護の「扶養照会」緩和へ

・総合支援資金の貸付期間延長(6ヶ月→9ヶ月)

・森喜朗の女性蔑視発言が炎上し、辞任へ

・ロビンフッターがヘッジファンドを倒す(ゲームストップ株)

・世界一の大富豪イーロンマスクがロビンフッターや仮想通貨を支持。

・イーロンマスク率いるテスラがビットコインへの投資を発表

以上がこの水瓶座ステリウム期間に起きたことです。

これらを見ていただくと、山羊座時代に築かれた「弱肉強食の格差社会」を否定する動きになっていることが分かると思います。

まずは弱者救済の動きです。

そして必然的に山羊座時代の強者であった政治家などに対しての風当たりは強くなっています。

現金給付を否定する政治家や最後は生活保護があるという発言は、コロナ禍に苦しむ人たちに対する想像力が無く、水瓶座時代では炎上します。

一方でイーロンマスクは世界一の金持ちですが、ロビンフッターという人生一発逆転を狙う若者たちの味方に転じることで、カリスマ的な支持を得ている面もあります。

イーロンマスクは火星が水瓶座ですから、彼の行動というのは支持を得やすいものと思われます。そういえば、少し前もアイマスのツイートをしてて日本でトレンド入りしてましたね。彼はオタクらしい。

ですので、お金持ちや既得権益層だとしても、独り占めしたり想像力の無い暴言を吐くのではなく、お金を配ったり弱者を助けようとする行動をとるとカリスマ的な支持を得られるということです。

水瓶座期間は革命の季節でもありますので、今までの価値観の逆転が色々なところで起こっています。例えそれがまだ表面化していなくても。

僕が特にそれを感じるのは「政府の借金は多ければ多いほど良い」というMMTの経済政策を理解する人が爆発的に増えていることです。

お金は国が刷って配ればいいということが常識化しつつあります。

山羊座時代にはニュースの権威として国の借金について語っていた池上彰氏が風の時代に入って炎上していることも象徴的です。

最後に

まだ実生活の面では変化を感じられないという人も多いと思いますが、変化の種はまかれています。

今は山羊座時代の弱肉強食がクローズアップされたり、最後の膿出しではないですが、人々の意識改革に繋がる出来事が立て続けに起こっているなと僕は感じています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。